家を長持ちさせるための外壁塗装は専門業者に頼もう

外壁の塗装費用の仕組み

業者で費用が異なる理由

家

外壁塗装は、同じ面積、同じ塗料を使用しても業者によって請求金額が異なります。このため、業者に依頼する際は、複数の業者への見積もり依頼が大切といわれているのです。なぜ、業者によって請求金額が異なるのでしょうか。これには、中間マージンが大きく関係しています。住宅の外壁塗装を請け負っている業者はリフォーム会社、建設会社や工務店、塗装専門に大きく分けることができます。リフォーム会社に外壁塗装を依頼すると、実際に塗装工事をするのは下請け業者です。つまり、リフォーム会社を通すと中間マージンが発生して、塗装費用に上乗せされているのです。もちろん、リフォーム会社専属の塗装業者がいれば中間マージンは発生しません。次は、家を建築した建設会社や工務店に依頼した場合です。家を建築した業者なので依頼しやすいのですが、塗装工事を下請けの業者に回してしまうので中間マージンが発生してします。建設会社や工務店には塗装業者はいないので、必ず下請けの業者が施工をします。下請け業者といってもプロの塗装業者ばかりですから、専門業者と同様に確かな腕を持った業者が施工しています。府中市の専門業者に依頼した場合は、自社の職人が施工するので中間マージンは発生しません。ですから、府中市の専門業者に依頼すると、他の業者よりも費用の負担を減らすことができます。また、府中市の専門業者と直接会話できるので、施工主の要望が伝わりやすいというメリットもあります。府中市の専門業者の中から信頼できる業者を選んで、外壁塗装工事を依頼しましょう。

耐用年数を延ばす工事

ウーマン

府中市に長く住んでいるならば、必ず外壁塗装をおおよそ十年毎に実施していくべきです。府中市は歴史のある土地であり、長く建ち続けている建物が多くあります。それらの建物がなぜ長く持つのかというと、適切なメンテナンスである外壁塗装を定期的に行っているからなのです。府中市の業者に外壁塗装を依頼し、建物を湿気から守っていきましょう。自宅などの住宅だけでなく、職場である事務所や会社、工場や倉庫まで多くの建物に外壁塗装は必要な工事となっています。府中市は海に近いわけではないのでそこまでナーバスに塗装を繰り返す必要はありません。海辺の倉庫街などは神経質なくらい外壁の塗装を点検し、繰り返し塗装を行っています。府中市ではそこまでする必要は無いので、専門家が進める10年というスパンを意識して外壁塗装を行っていきましょう。外壁塗装は屋根も対象とする工事なので、雨漏り対策も一緒に行えるのが魅力です。雨漏りは修理よりも予防の方が重要であり、確実に外壁塗装を実施していくことで屋内に水が浸入しない建物にすることができます。上手く業者を活用して、安心して長く利用できる建物にしていきましょう。会社などのビルの場合でも外壁と屋上の塗装は重要な工事となっています。大きい建物は中に通っている配管や設備が多くあるので被害も大きくなっていくのです。結局時間とコストを抑えることにつながるので、しっかり予算をかけていくべきといえるでしょう。

効果や価格から選定

男性

府中市は、都内のほぼ中央に位置していることから、都区部にアクセスしやすい都市として人気があります。その分交通網が発達しているので、府中市を生活の拠点として選ぶ人は多くいます。それだけ住宅が多いということですから、府中市では外壁塗装の施工件数も多めとなっています。外壁塗装とは、外壁を塗料で覆うことで頑丈にするという室外工事です。外壁は住宅を守る役割を担っているので、これを頑丈にすれば、必然的に住宅の耐久性が高まることになります。つまり外壁塗装は、住宅の寿命を長くする工事と言えるのです。ただし効果の高さは、選んだ塗料次第となっています。たとえばアクリル系塗料を選んだ場合には、外壁は5年ほど雨風から守られやすくなります。しかしシリコン系塗料を選べば約10年、フッ素系塗料を選べば約15年、この効果が持続するのです。効果の持続期間が長いものほど価格も高いので、塗料はその点も考慮して選ぶことが大事です。府中市で特に需要があるのは、セラミックとシリコンとを混ぜた無機塗料です。これは、府中市のほぼ全域が平野となっていて風がよく吹くために、空気中の湿気が停滞しにくいからです。つまり湿度が上昇しにくく乾燥しがちということですが、無機塗料を塗っておけば、外壁が適度に含んでいる水分が抜けにくくなります。つまり、乾燥による外壁の劣化が防がれやすくなるということです。強度が20年以上保たれることも多いので、府中市に長く住む予定のある人の多くが、外壁塗装でこの塗料を選んでいます。