家を長持ちさせるための外壁塗装は専門業者に頼もう

火事に備えたメンテナンス

防火塗料の効果を確認

塗装

府中市は東京都の多摩地域に位置する街です。夜間人口と日中の人口が、ほぼ同じという特徴が府中市にはあります。昼夜問わず在宅している家庭が多い府中市、もしもの時を考えて家の安全性を考慮しなければいけません。特に府中市は木造住宅が多く、住宅が密集しているエリアも多い事から、火災のリスクを考える必要があります。木造の住宅が密集しているエリアは、火災が起こると延焼しやすいからです。特に古い木造住宅の場合、火災に強い外壁を使っていないケースも多いと言われています。木造住宅の防火性能を高める方法としては、外壁塗装もおすすめです。外壁塗装と言えば外壁に塗料を塗って、キレイにリフォームするというイメージが大きいでしょう。実は外壁塗装に使用する塗料によっては、防火性能をアップする事も出来ます。発泡形防火塗料と、非発泡形防火塗料という塗料が、防火対策として外壁塗装では幅広く用いられる種類です。発泡形防火塗料はと塗料を塗って作られた塗膜が火災時に、熱を分解し炭化層を形成する事によって延焼を食い止めます。非発泡形防火塗料の場合、塗膜が不燃性ガスを発生させ外壁部分の表面温度を下げるという点が特徴的です。外壁部分に塗料を塗るだけなので、外壁を剥がすなど大掛かりなリフォームを行う必要はありません。防火塗料を使った外壁塗装は、施工を行う業者がまだ少ない傾向にあります。業者の情報を集めるなどして、的確な施工を行ってくれる業者を選びましょう。

安い料金で対応は万全

色見本

府中市やその周辺には外壁塗装を請け負っている業者が多数展開しており、頼りになるところばかりなので安心して依頼できます。府中市で自宅の外壁塗装を業者に依頼する場合は、どなたでも適正価格と確実作業が望めるでしょう。外壁塗装も使用する塗料や施工面積によって費用を算出する必要があり、内容によって価格に幅が出てきます。30坪の家屋を基準として考える場合、足場の設置や養生、シーリング補修など全ての作業込みで60万円から100万円ほどと見ておく必要があります。一見大きな金額に見えますが、外壁塗装は雨水の侵入を防ぎ家の躯体を長持ちさせることが一番の目的となるため、家屋性能の保持を考えれば決して高くはありません。府中市にも適正な価格で確かな施工を行ってくれる業者は様々存在しています。そして中には相場よりも大幅な値下げ価格で提供している業者もあるので、予算を中心に考えるのであれば、そういった業者を利用するのも良いでしょう。安い料金でも施工は高水準を維持し、施工後の保障も付いてくるので対応に不備はありません。各所のコストカットを実行し、消費者にできる限り貢献できる価格で提供している業者がたくさんあります。府中市で外壁塗装を依頼する際には、依頼者の利益を一番に考え、相場よりも安い価格で確実作業を行ってくれる業者を見つけてみましょう。依頼者に寄り添い多くの信頼を得ている業者は数多くあるので安心して依頼することができます。

シリコン塗料がお勧め

塗装を行う人

府中市で外壁塗装を行うときには塗料の選択によって、費用が変わってくるため、使用する塗料は慎重に選びましょう。外壁塗装をするときの塗料は色々ありますが、費用だけを重視して安い塗料を使うと、耐久性が低いため長い目でみると損になるケースも少なくありません。そのため府中市で外壁塗装を行うときには、外壁の種類や足場の必要に応じて、最もコストパフォーマンスに優れた塗料を選ぶことがポイントになります。府中市で使われている塗料の中で、最も単価の安いのがアクリル塗料で、耐用年数は6年程度ですが、1坪3000円前後で塗装する事ができます。アクリル塗料は他の塗料と比べて耐久性は劣りますが単価は安いため、府中市では外壁塗装をするときに足場を組む必要がない住宅で使用されています。外壁塗装を行うために足場を組むには多額の費用がかかるため、大きな足場を組む必要がある住宅では、単価は高くても耐久性の優れている塗料が適しています。外壁の塗料が剥がれている場合に、府中市ではウレタン塗料を使用して外壁塗装を行う人が多いです。ウレタン塗料は密着性に優れているため、どんな外壁にも塗る事ができ、耐用年数も8年とアクリル塗料よりも長いです。ウレタン塗料を塗るときの費用は、1坪で5000円程度になりますが紫外線に強いため、外壁の塗料として合っています。府中市の外壁塗装でよく使われているのがシリコン塗料で、単価は1坪で8000円程度ですが、耐用年数は10年以上あります。シリコン塗料は費用単価と、耐久性のバランスが塗料の中で最も優れています。